YAMAHA R1-Zは最後の2ストバイク!価格も高騰!

r1-z%e3%82%b5%e3%83%86%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88
r1-z%e3%82%b5%e3%83%86%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88

YAMAHA R1-Z

ネイキッドスタイル・2ストローク・250ccの軽快なバイクです。先代にあたるRZ250もそうですが、峠では所謂ナナハンキラーといわれるくらい速くて取り回しも良いです。

私はそこまで追い込むことはできませんでしたが、8000回転を超えた辺りから強烈な加速感が味わえます。

なんといっても車検が無く税金も安かったので維持費がかかりませんでした。

車体も軽くてコンパクトなので、初めてのバイクでしかも初心者の私は立ちゴケなどしても簡単におこせてそれほど焦らずに済みました。

二輪の免許を取って直ぐに友人から譲ってもらいました。フレームやマフラーなど結構サビもありキャブも不調でしたが、直すのも楽しみの一つでした。

素人でもなんとか手を入れられる構造も魅力で整備士の友人に教えてもらいながらキャブをオーバーホールしドライブチェーンを交換しフレーム・マフラーはサビを落としてリペイントしました。

サビを落として各部を磨くと白のタンクとガンメタのフレームとのコントラストが良く、
ネイキッドらしい精悍なスタイルが気に入っていました。

このバイクで日帰りツーリングにも出かけました、キャブ車なので標高の高いところに行くのは若干の不安もありましたが特に不調になることなく快適なツーリングを楽しめました。

R1-Zのデメリット、よくなかった点

ただ流石に2ストロークということもあり、振動が強くて疲れるので長距離のツーリングには向かないなと思いました。やはり似合うステージは適度なワインディング等でしょう。振動が強いので各部の緩みは時々チェックしたほうがいいかもしれません。

ちょっとニュートラルの入りがよくないこともあり、信号待ちで時々左手がクラッチを握ったままなんてこともありました。メーターの真ん中にニュートラルのランプがあるのですが、微妙な点灯のときにクラッチを離すとストールしてしまうことがありました。

まあ個体差があると思うので何とも言えませんが、セルスタータではないため交差点の真ん中で慌ててキックするなんてこともありました。年代物のバイクだとそんなのも絵になるのかなんて思ったりもします。
またこれは私が初心者だったせいもありますが、走り方でかなり燃費が違うためガソリンの残量がわかりにくかったです。

私の場合は慣れてきたら大体リッター20kmくらい走れたのですが基本的には早めの給油をおすすめします。

2ストなので当然なのですが結構白煙が出ます。乗っている本人はいいのですが、今のご時世ちょっと他人の目が気になります。入れるオイルによっても違うようですがまあ多かれ少なかれ白煙はでるし排気音も独特です。

R1-Zの総合評価

全体的にみてYAMAHAのR系列の最終モデルとしてもとてもいいバイクだと思います。

まずなにより維持費がかからないこと、車があれば趣味としての要素が強いバイクなので長く維持するポイントの一つだと思います。

そして同じ250ccであれば4ストロークよりも軽快で速いことが気に入っていました。

取り回しや足つきもよく軽量でコンパクト、スタイルもあまり古さを感じさせずに、かといって最新の形というわけでもなくネイキッドらしい良いスタイルだと思います。

手入れに関してもシンプルな構造ゆえにキャブのオーバーホールなどを体験してみるにはちょうどいいかもしれません。実はキャブが不調なまま乗っていたときに路上ストップも経験しています、かなり年数がたつ個体が多いので手に入れたらまずキャブをばらしてみるのがいいかもしれません。

振動が強く白煙も出ますがまあそこは古いバイクを大事に維持しているということでいいのではないでしょうか。

2ストローク・250ccのバイクは生産が終了して随分とたちます、今ではどんどん数が少なくなっているのですが一度は所有して走らせてみるのがおすすめです。私も現在は大型免許を保有しているのでリッターバイクも乗ってみたいのですがいずれまた2スト・250ccを欲しいなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です