Ninja250SLはカワサキの意欲的チャレンジモデル!乗りやすさも抜群!

Ninja250SLの正規販売が開始!

昨年の4月についに日本国内でも正規販売が開始したNinja250SL。Ninja250の人気が圧倒的な国内市場に出してくるとは、私は思いもしませんでした。しかしカワサキさんはやってくれました!(笑)

私は元々CB400しているようなライダーでしたが、ひょんなことからサーキット走行に目覚めてしまい、マシンまで何かいい練習になるマシンは無いか…と思っていた矢先の販売でしたので食らいつく他ありませんでした。

まずなんといっても車体の小ささ、軽さ。現行フルカウル250クラスでは一番の軽量コンパクトマシンです。そのスリムさゆえにニーグリップなどが気になりましたが、乗りなれてしまえば簡単に振り回せるという利点があります。

軽さについても押し歩きに苦を感じることなく、女性の方や初心者の方にもオススメできるというのは本当です。

Ninja250SLのデザインは秀逸最初にデザイン

Ninja250やCBR250R、YZF-R25などの流行りの双眼ではなく、単眼の攻めたデザイン。好みがわかれそうなところはあります。

上記車種と並べると、とっても小さいのがわかります。

足つき、ポジション

足つきは正直、いいとは言えません。Ninja250に比べるとちょっと気になまったく問題にはなりません。しかし、この車高の高さでバンク角が稼げています。ただ、個人の意見としてはもう少しステップが後ろにあれば…と感じます。

ポジションは、これまた攻めていてハンドルがNinja250のようなトップブリッジ上にマウントされているものでなくスーパースポーツのようなトップブリッジ下にマウントされているタイプ。他の同クラス車種に比べると前傾が強いです。しかし、シートとハンドルの位置が近いためツーリングでも苦にはならず、サーキット走行なとでも伏せやすいといった感覚になっています。

シートは程よい硬さ。しかし長距離乗ると単気筒エンジンの振動もあり若干痺れてくることも。

エンジン性能

このバイクはKLX250のエンジンと同型の水冷単気筒エンジンを搭載しています。

ただ、KLXに比べかなりハイギアなセッティング。レブは10500回転となっていますが、すぐフケきってしまうほど元気よく回ります。

反面、低回転は少し苦手。実用は3500回転↑と感じます。ブンブン回して楽しいエンジンですね!

納車して半年近くになりますが、ツーリングもワインディングも難なくこなせ、サーキット走行で真価を発揮する。最近の新車バイクでは全く無かった個性を持っています。

リターンライダーの方やこれからバイクに乗りたい!という方はもちろんサーキットでブンブン走りたい!という方にもとってもオススメできるバイクです!

いまのバイクを買取して貰ってNinja250SLを買うならこのサイトで買取店選びをしてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です